初期研修医の声

(平成28年プログラム) 田中晋作

はじめまして、研修医1年目の田中です。

この4月から島根大学医学部附属病院で研修をしており、 現在は循環器内科で心筋梗塞や心不全のICU管理、心エコーなどを中心に学んでます。

僕自身が大学病院で研修し始めて感じたことや、初期研修をどこにしようか考えている学生の皆さんに伝えたいことなどを書いてみたいと思います。

「市中病院は対象がcommonな疾患で患者数が多い、大学病院はその逆」というのが、僕が学生の頃に漠然と持っていたイメージです。 僕は初期研修でそのどちらも経験してみたいと考え、大学病院のたすきがけプログラムを選択しました。 まずは1年目、市中病院で多くのcommon diseaseを経験し、そして2年目の大学病院で時間をかけて勉強し、 指導医の先生に教えていただきながら、1年目に経験したことも含めて自分の血肉にしていきたいと考えていました。

マッチングが終わり、蓋を開けてみると1年目が大学病院、2年目が市中病院という結果でした。 思っていた結果ではなかったものの、研修が始まって2ヶ月過ぎた今思うと、1年目が大学病院で良かったかも、と考えています。 というのも今まわっている循環器内科では、自分が興味を持っていること(僕の場合は心筋梗塞や心不全の循環管理、心エコーなど) について突き詰めて学ぶことができ、また指導医の先生が毎日絶妙な負荷をかけてくださるからです。 他の科がどのようになっているかはわかりませんが、少なくとも市中病院と比べると大学病院の方が、 自分の興味があることを学べる環境が整っていると思います。まわる科ごとに自分が学びたいこと、 興味があることが決まっているのであれば、大学病院で学ぶのがいいように思います。

市中病院で研修をしている同期の話では、研修医は多くの患者さんを受け持ち、指導医の先生の言われた通りに必要な検査や治療方針を立てているそうです。 とにかくいろいろなことを経験したいなら、市中病院の方がいいかもしれません。

いろいろと書きましたが、詰まるところ重要なのはどこの病院で研修するかではなく、どのような姿勢で研修に臨むかだと思います。 自分の興味があること、やりたいことがあるなら大学病院で研修してみてはいかがでしょうか?自然と研修に臨む姿勢は積極的なものになると思います!