卒後臨床研修センター長 挨拶

鬼形 和道(おにがたかずみち)

卒後臨床研修センターのホームページを訪れていただき、ありがとうございます。 研修医の、研修医による、そして研修医のための臨床研修センターを目指しています。

コンセプト

当センターのスタッフは研修医の皆さんを管理するマネージャーではなく、前傾姿勢で研修に臨めるよう支援するサポーターです。そのコンセプトは、Hospitality、 Flexibility、そしてResponsibilityの3つです。温かな気持ちで接し、柔軟なプログラムを提供し、そして責任を持って研修修了に導きます。自分自身を表現できる医師、 すなわち将来の指導者あるいは教育者となる医師の育成を目指しています。

研修プログラムの特徴

「地域医療と先進医療が調和する大学病院」を理念とする島根大学医学部附属病院の提供するプログラムは大きく4つに分かれます。

  1. たすきがけプログラム: 県内外の11研修施設で1年間、附属病院で1年間の研修を行います。
  2. 大学病院プログラム: 附属病院を中心とした2年間の研修を行うプログラムでは2か月間の東京医科歯科大学における救急研修が選択できます。 天理よろづ相談所病院で6か月間の内科研修が選択できます(2名)。
  3. 総合診療プログラム: 水戸協同病院、洛和会音羽病院等で総合診療研修が可能です。さらに、島根県立中央病院で2か月間の救急・ICU研修が可能です。
  4. 重点プログラム: 小児科、産科婦人科、外科系、麻酔科を中心に研修できます。

スキルアップセンターにおけるシミュレーション教育の必修化に加えて、研修医自身による早朝セミナー、外科系教室による出前スキル講習、 および海外講師を招いたワークショップ等を経験できます。
詳しくは、平成29年度プログラムの項をご覧下さい。

指導・支援体制

NPO法人卒後臨床研修評価機構による外部評価を受審し、4年間の認定を受けています。
初期臨床研修の2年間、研修医は大きなストレスに晒されます。研修医を直接指導する医師が集う「指導医会」を定期開催し、研修医の皆さんにきめ細かな支援を提供致します。
さらに、研修医もメンバーに加えたWG-Shimadaizmを通じ、魅力ある研修プログラムを更新してまいります。一方、みらい棟内に隣接する「しまね地域医療支援センター」と連携して、 医師のキャリア形成を支援しています。

情報提供

当センターのFacebookでは、早朝セミナーの案内と”Take Home Message”、研修医の皆さんから後輩へのメッセージ、そして「今月の取組み」などを配信しています。 彼らの研修風景、当センターの雰囲気、そして歓送迎会の笑顔を見つけることができます。

後期研修

現在、診療科コース(診療科等所属)とフレキシブルコース(卒後臨床研修センター所属)の2つのコースがあり、多様なニーズに応じた質の高い後期研修を提供します。
2017年度から開始される新専門医制度に向けて、研修基幹病院として基本18領域の専門研修プログラム連絡協議会を設置、専門研修プログラム作成と県内外の研修協力施設との連携を予定しています。

自ら歩んで感じる風は爽快です。前傾姿勢で臨床研修に臨む時,きっと心地良い風を感じことでしょう。研修医の皆さん、そんな風を感じながら高く羽ばたいてほしいと思います。 そして、後輩へ心地良い風を伝える伝道者となって下さい。島根大学附属病院のサポーターは、皆さんへの熱い支援を約束します。

konigata@med.shimane-u.ac.jp