当センターについて

島根大学附属病院の卒後臨床研修センターは、初期研修(2年間)、後期研修(3~5年間)のプログラムの中で、一貫して、 一人の人間として、患者さんと正面から向き合うことのできる魂を持った医師の育成と、大学病院ならではの臨床と研究の両脚の上に育成される、 高度医療専門医(academic specialist)の育成に真剣に取り組んでいます。

特に,後期研修のさまざまなニーズに応えられるフレキシブルコースを特徴とし,初期研修プログラムをその土台として位置づけ, スムーズに移行できるよう配慮されています。

各サイトを覗いてみてください。 きっとあなたの未来が見えるはずです。

また、「卒後臨床研修センター」では 「地域医療教育学講座」「地域医療支援学講座」「総合医療学講座」「地域医療政策学講座」 「クリニカルスキルアップセンター」 、 と連携・協力の下『キャリア形成支援部門』を組織し、 卒前・卒後そして生涯を通じて「学習・研修環境の充実」及び「若手医師の育成・定着」に向け、さまざまな事業に取組んでいます。