平成30年度(H30.4.1~H31.3.31)早朝セミナー

実施月日
A:研修医によるlecture等
B:当番診療科等
4月11日
栄養サポートセンター 「NSTに紹介いただいた症例より」
4月18日
研修医 G1 「救急外来で診た症例」
4月25日
腎臓内科(内科専門研修) 「急性腎障害のマネージメント」
5月2日
皮膚科 「リケッチア症」
5月9日
呼吸器外科 「気胸について」
5月16日
高度外傷センター 「外傷初期診療の基本」
5月23日
内分泌代謝内科(内科専門研修) 「糖尿病性ケトアシドーシス」
5月30日
研修医 G2 「急性腹症 ~急性虫垂炎の症例~」
6月6日
総合診療科 「よくある主訴で見逃してはいけない疾患」
6月13日
泌尿器科「ERでの尿閉について」
6月20日
研修医 G3「急性前立腺炎に酸素化低下・敗血症・DICを来した一例」
6月27日
呼吸器・化学療法内科(内科専門研修)「呼吸困難の原因特定に困っている症例」
7月4日
研修医 G4「現場で即戦力エコー!」
7月18日
循環器内科(内科専門研修)「心房細動に出会ったら」
7月25日
精神科神経科「せん妄について」
8月1日
研修医 G5 「最近、診断に困った症例について」
8月8日
麻酔科・緩和ケアセンター 「ショックの対応 ~主に敗血症ショック~」
8月22日
腫瘍・血液内科(内科専門研修) 「実例から学ぶ、非血液内科医が知っておくべき血液学」
9月5日
リハビリテーション科 「摂食・嚥下のリハビリテーション」
9月12日
消化器・肝臓内科(内科専門研修) 「なにかを飲みこんでしまった症例」
9月19日
研修医 G6 「肺にエコーを当ててみる」
9月26日
産科 「産科救急」
10月3日
検査部・輸血部 「Reversed-CPC:80歳男性 歩行時ふらつき」
10月10日
研修医 G7
10月17日
歯科口腔外科
10月24日
神経内科(内科専門研修)
10月31日
眼科
11月7日
婦人科
11月14日
呼吸器・化学療法内科(内科専門研修)
11月21日
救命救急センター
11月28日
研修医 G8
12月5日
耳鼻咽喉科
12月12日
研修医 G9
12月19日
腎臓内科(内科専門研修)
12月26日
消化器・総合外科
1月9日
放射線科
1月16日
研修医 G10
1月23日
内分泌代謝内科(内科専門研修)
1月30日
小児科
2月6日
膠原病内科(内科専門研修)
2月13日
研修医 G11
2月20日
脳神経外科
2月27日
研修医 G12
3月6日
整形外科
3月13日
放射線治療科
3月20日
循環器内科(内科専門研修)

A:2年目の医科研修医(1人)と1年目の医科研修医(1人)のチームでの当番と し、症例検討又は話題提供でも可とする。
B:各診療科等が行う

早朝セミナーについて

卒後臨床研修センター主催で、初期臨床研修医を対象に「早朝セミナー」(毎回朝食が付いています)を毎週水曜日の朝7:30から行っています。 各診療科等の上級医や指導医の先生方から、各診療科等の疾患の中で、ありふれた遭遇しやすい一般的な疾患・症候について、 問診等の基本的な部分から、検査、診断、鑑別診断、細かな治療まで、発表者が工夫を凝らして、あたかも診察室に居るかのような臨場感あふれたpresentationを担当してもらっており、 一方的な講義形式のセミナーではなく、出席している研修医の先生との質疑応答も活発に行われます。加えて、隔週で2年次研修医が中心となり、研修中に経験した基本的かつ代表的な症例、 または診療上の問題点の中で研修医間が共有すべきもの等に関してpresentationを行い、患者・疾患・病態等への理解を深めています。初期臨床研修がより円滑に安全に行えるようサポートできるセミナーとするとともに、 医学生にも参加してもらい、研修医との交流の場とし、一緒に研修を行います。さらに、平成30年度からは内科の診療科が担当するセミナーは内科専門研修(必須研修)と位置付け、 毎月開催するとともに、内科専攻医の参加を義務付けています。