指導医からのメッセージ(医科)

卒後臨床研修センター 助教 和足 孝之

「こんにちは、雑多な臨床・臨床教育・臨床研究が三度の飯より好きな和足(WATARI)と申します。当院は日本を代表する教育のリーダーとなるべく日々変化と進化を遂げながらみんなで頑張っているちょっと珍しい大学病院です。皆さんは、どういう医師になろうと思っていますか?初期だけでなく後期研修医も見据えた皆様の答えはそれぞれであると思います。そしてその思いにこたえる指導体制も病院によって多分それぞれ違います。

ここ島根大学には他の国立大学病院にはまず無い最強の長所が3つあります。一つ目は穏やかで熱心な指導医が多い事。大学病院に赴任して驚いたことに、アホ(A)・ボケ(B)・カス(C)が当たり前であった自分の研修医時代に比べて、不必要な人間関係のストレスが全く無いです。なぜこんなに指導医が穏やかなのか、多分それはトゲトゲする必要がない大自然と出雲大社に護れた雰囲気の妙なのでしょう。二つ目はコモンディーズの暴露と処置や手技等の経験の多さ。大学病院でありながら市中病院の顔も持ち合わせ救急搬送も受け入れ続けている当院は良い臨床研修を行う土壌があります。 三つ目は、大学だからこそ持つ最強のアカデミックコンテンツ。肺や心臓聴診、心臓エコー、麻酔や内視鏡のシミュレーション学習は当たり前。Evidence Based Medicineをちゃんとやるために最も大事なツールであるUPTODATE、今日の臨床サポート、Procedure consult等の個人ID無料配布はもちろん、ケアネットオンラインの無料学習、何よりPubmeや医中誌で文献ダウンロードし放題であるので突っ込んだディープな自己学習も可能です。もちろん、英語での論文発表や国際学会発表もいとも簡単に出来てしまう環境は中々ないと思います。自分は遅まきながら、それを求めて島根大学にやってきました。数多くの研修医と接した経験からは、臨床研修の善し悪しは病院のブランドや立地ではなく、自分次第のやる気と人間力で決まります。暖かい人、豊かな自然、神がかった出雲の空気の下、楽しく研修してみませんか!?


高度外傷センター 助教 下条芳秀

私は長崎県壱岐市出身で、平成15年に島根大学(旧島根医科大学)を卒業しました。現在は高度外傷センターでAcute Care Surgeon(急性期・外傷外科医)として楽しく働いています。

私は市中病院で初期研修を終えた後、当院と他大学病院で外科医・救急医として勤務してきました。その中で多くの研修医の先生と関わってきました。卒後16年目となる現在、初期研修で身につけるべきものは「医師としての責任感」と「キャリアプランを実現させる力」であると考えています。島根大学医学部附属病院にはその両者を身につけるには非常に良い環境があります。当院はHPにあるように、「地域医療と先進医療が調和する大学病院」です。救急医でもある私は多くの医師、コメディカルスタッフとコミュニケーションをとりながら日常診療を行っています。多くのスタッフには“島根県の最後の砦”という自覚があり、その雰囲気の中で地域医療と先進医療を同時に経験できます。

最後に、初期研修を有意義なものにするかどうかは研修病院ではなくあなたです。あなたの医師人生をさらにプラスに転じる出会いがここにはきっとあるはずです。

放射線治療科講師 玉置幸久

皆さん、こんにちは!

放射線治療科/卒後臨床研修センターのティーチングスタッフの玉置幸久です。

臨床研修をどのようにするか、皆さん悩まれていることと存じます。
島根大学病院で臨床研修の特徴やメリットはいろいろとありますが、 第一には研修医ひとりひとりに応じたきめ細かな指導ができている点が挙げられます。 研修医として修得すべきminimum requirementを基盤としつつも、その上には各自の進路や興味、研修希望に合わせた柔軟なプログラムを提供しています。

第二に、鑑別診断道場や早朝セミナーなど、横断的なレクチャーや教育イベントを多数開催していることです。 各診療科での受け持ち症例を通じた日々の研修を縦糸の研修とすると、これらの横断的レクチャーは文字通り横糸の役割を果たしており、研修に厚みを持たせています。 いろいろなアプローチや観点から疾患や病態を整理することで、事象を複眼的に捉え、重層的に理解を深める促しを行っています。

第三に、他施設との連携が活発であることが挙げられます。島根県立中央病院や松江赤十字病院など島根県内の臨床研修病院とのたすき掛けコースが充実しており、 大学病院と市中病院を1年ずつ研修し、双方のストロングポイントを効率よく研修できるようにしております。また天理よろづ相談所病院、洛和会音羽病院、 青梅市立病院など全国的にも研修クオリティが高いと評価されている病院とも連携しています。地域枠等で島根での研修を行うことになっている方々はもちろんのこと、 幅広い方々にこれら日本屈指の臨床研修病院で研修できるチャンスが与えられております。必ずや貴重な経験と新たなモチベーション、 そしてかけがえのない恩師や同期との絆を島根に持ち帰ってくることができるでしょう。

さらに、卒後臨床研修センターが組織としてしっかりと研修医をサポートしており、 センター長をはじめ関係するスタッフ全員で研修についての悩みや個々の進路相談にも乗っています。

専門医制度の改革に伴い、各基盤診療科での専門医コースもいち早く整備をし、臨床研修から後期研修への橋渡しもスムーズです。 研修医の皆さんの学びとやる気をサポートし、立派な医師となるための基盤を築くために、私達、 卒後臨床研修センタースタッフおよび指導医は努力を惜しまない覚悟です。

島根大学病院を頼ってくる患者さんのために、ともに悩み、ともに勉強し、ともに成長したいと願っています。

整形外科学教授 内尾祐司

整形外科(学)の使命は損なわれた運動機能を回復・改善させ、 日々の生活が快適で充実したものになるための医学・医療を提供することにあります。

その対象は年齢においては小児から高齢者まで幅広く、部位では手足、脊椎、脊髄、末梢神経、関節などに及び、疾患では骨折などの外傷、 先天性疾患、変形、炎症、腫瘍、加齢変性疾患、スポーツ医学、関節リウマチ、骨粗鬆症など多岐に亘っています。

広範囲なこれらの疾患の診断・治療に習熟するためには、診断・治療にいたる思考過程の訓練とプレゼンテーション能力の向上が必須です。

本研修では部位別、疾患別のエキスパートがマンツーマンで教育します。さらに、技術的なことだけではなく、疾患の不明な点、治療法で改善しなければならない点について どのようにすれば解決できるのか、をいつも考える科学の心を養成し、 人類の福祉に貢献できるような医学・医療を拓くことのできる医療人を育成したいと考えています。

精神科神経科准教授 宮岡剛

私たち島根大学精神科神経科では「人間力と治療技術を兼備した精神科医の育成」 「時代にマッチした精神科医療の提供」「時代に流されない臨床研究の推進」を基本方針に、 日々、確かな精神医療と先端の研究を実践すべく、絶え間 ない努力と研鑽を続けています。 現在、我が国では「超高齢化」「自殺者の急増」「若年者のひきこもり」などが大きな社会問題となり、 精神科医療の重要性が強く認識されています。今後も精神科医療の社会的ニーズは増えていくものと考えられます。

前期臨床研修では一般科の日常臨床においても頻繁に遭遇する「うつ状態」 「せん妄」について、的確な診断と治療が出来ることを目標としたプログラムを用意しております。 後期臨床研修では代表的な精神疾患に対応出来きる技術 が収得出来ることを目標にしたプログラムとなっています。 いずれの臨床研修に於きましても、担当する症例数を絞り、一症例にじっくりと取り組めるように配慮したプログラムとなっております。 また症例ごとに毎週開催される症例検討会では、多くの上級医師からの助言や指導を得られる良い機会であり、 この指導体制は大学病院ならではだと思います。

患者の病変ばかりに強い関心を置き過ぎるすぎるあまり、「一人の人間として の患者」という当たり前のことが、 忘れ去られてしまう傾向があると言われています。 精神科での臨床研修を通じてこの当たり前のことを再認識できれば、 非常に意義のある研修となるものと思います。