初期研修医の声

(2021年プログラム) 村上航太朗

こんにちは。
初期研修医1年目の村上航太朗と申します。2021年の4月より、島根大学医学部附属病院Shimadaizmプログラムで初期研修を開始しました。まだ研修が始まって数か月と、右も左もわからない状態ではありますが、先生方のご指導の下日々勉強を頑張っています。

初期研修が始まり、感想を一言で表すなら「思っていたよりも暇だけど大変」です。もちろんこれは大学だけなのかもしれませんが・・・。研修が始まる前は救急外来で次々来る患者さんの対応に追われる自分を想像していました。しかし、いざ救急外来をしてみると、とてもそんなことができる程の力は自分にはなく、一人の患者さんに対し色々なことを調べて、指導医にプレゼンしてもう一度考え直す、の繰り返しで、一人終わる頃に指導医は3人の患者さんを見終わっていた、なんてこともよくあります。もちろん初期研修は救急がメインではなく、むしろ各診療科での研修がメインになるわけで、そこで病棟業務もするわけですがこれもまた一日分カルテを書くだけで何時間とかかっていました。しかし、逆に言えばそれだけ時間をかけられる余裕があった、というのも確かで、受け持ちの患者さんも決して多くはありません。「忙しい診療」を望んでいる方は物足りないと感じるかもしれませんが、一口で「診療」と言っても種々の雑用や書類仕事、よくわからないルーティンの雑務等、学生の頃思い浮かべる「診療」とは程遠い仕事がたくさんあります。「忙しい診療」は私にとって望むべき研修ではなく、一つ一つを確実に自分の力にできることこそが初期研修に望むものでした。

「大学病院だとcommon diseaseが見られない」、「大学病院は症例や手技が少ない」といった言説をよく耳にします。それが間違っているとも間違っていないとも言えませんが、common diseaseだからと言って数をこなすことが良いこととは限らないんじゃないかと思ったりしています。初期研修医だとしても、一人一人の患者さんに対しできうる限り真摯に、真剣に、向き合うことが必要なことではないかと思っていて、その上で専門知識が必要になるのであればそれはやはり甘えずに、とことん深く勉強しなければならないことなのだと思います。それに必要なのは症例数ではなく、勉強しやすい環境と学ぶ意思ではないかと思います。

いつか皆様と共に働ける日を楽しみにしております。

(2020年プログラム) 宮島伸枝

はじめまして、研修医2年目の宮島伸枝です。2020年に島根大学を卒業し、昨年は島根大学の県外たすきがけプログラムで京都府宇治市の宇治徳洲会病院で研修を行ってきました。参考になるかは分かりませんが、市中病院と大学病院の両方で研修している身として私なりに感じていることをお話しさせていただければと思います。

まず私が県外たすきがけプログラムを選んだ理由から話させて頂くと「1年目は市中病院でたくさんの症例を浴びるほど経験して、2年目で自分の進みたい専門科関連の勉強をしよう」という目論見があったからです。その計画通り、宇治徳洲会病院では救急疾患を中心に多くの症例を経験させていただきました。詳細を書くと長くなりますので省略しますが、今後の医師人生の根幹となる非常に大切な時間を過ごさせていただき、お世話になった皆様方には感謝してもしきれないくらいです。

初期研修先を決める際に市中病院か大学病院か迷われる方も多いかと思います。私も市中病院は症例豊富なcommon disease、大学病院は専門的な疾患というイメージが強く、そのイメージはあながち間違ってはいなかったと思っています。けれど今こうして振り返ってみると取り扱う疾患が全く違ったということはなく、大学病院でもcommon diseaseを診ますし、市中病院で専門的な知識が必要とされる場面もありました。違うことといえば当直回数とお給料でしょうか・・・

2年目に大学に戻ってきて良かったと思うのは、そうやって1年目にあれはどういう病態だったのか、どうアプローチすればよかったのかと悩んだことを、その道の第一人者である上級医の先生方に教えてもらえることだと思います。学生時代には少し退屈だったカンファレンスも、自分の患者さんのこととなると大変勉強になりとてもありがたいものに感じてきます。

結局のところ市中でも大学でも、どこで研修してもちゃんと指導はしてもらえますし、ある程度のレベルまでは叩き上げてもらえるかと思います。しかしモチベーションは大事です。もし「行きたい!」と思う病院があるなら、そこがきっと最高の研修先になります。初期研修は医師として初めて臨床に立つ、大事な年です。どこを選んでも間違いはありませんが「研修先の雰囲気が合っているか」「憧れの指導医がいるか」等々、自分が後悔しない選択をするためにしっかり悩んで決めると良いかと思います。その結果、当院での研修プログラムを選んでいただけるのであれば、それ以上光栄なことはありません。ぜひ一緒にレベルアップしていきましょう!

(2020年プログラム) 真鍋悠歌

 こんにちは、産婦人科重点コース1年目研修医の真鍋悠歌と申します。3月に島根大学を卒業して、医師として働き始めて早3ヶ月が経ちました。先輩方、先生方に助けられ、自分の未熟さと成長に一喜一憂しつつ、毎日楽しく研修させていただいています。

上級医の先生方はもちろん、看護師さんや薬剤師さん、他のスタッフさんも皆さん優しく、分からないことは分からないとはっきり言える環境に、ものすごく助けられています。上級医の先生からはきちんとフィードバックがもらえて、病態でも、検査でも、治療でも、なんでも納得のいくまで教えてくださるので、どんなときも、“患者さんをみて終わり”にならず、市中病院と比べると決して症例数は多くないのかもしれませんが、確実に自分のモノにすることができ、自信をもって次に活かすことができます。これまでに多くの先輩方が書かれているように、大学病院と言えど地方の病院なので、研修中にCommonなものから人生で1回出会うかどうかといった稀なものまで、本当に幅広い疾患に出会うことができます。Commonな疾患だと、2例目、3例目になると、「違ってたら言うし、フォローはするから、自分で考えてやってごらん」と患者さんを任せてくれることもあります。嬉しい反面多大な不安もありますが、やはり得るものは非常に多いです。稀な疾患を担当することになったとき、上級医の先生方と一緒にひたすら文献を調べたのはとても良い思い出です。学生時代は少々退屈に感じていたカンファレンスや症例検討会も、今となってはいろいろな先生の知識、経験、考え方を吸収できる良い機会です。

仕事の話ばかりでしたので、最後私のお気に入りの1つでもある研修医室を紹介させてください。研修医室では、他愛もない話しをしたり、ケーキを食べたり、愚痴を言ったり。病院内で“唯一”と言っても過言ではない、気の休まる場所です。手技で失敗したり、自分なりに精一杯考えたつもりでも上級医ダメ出しされたり、少し落ち込んだときに帰ってくる場所があるというのは本当にありがたいことです。勉強をするだけでなく、手技の練習をしたり、時には2年目の先輩方に上級医に相談する前にアドバイスをもらったりと、研修医室でも充実した時間を過ごしています。

志望の診療科が決まっている人にとっても、そうでない人にとっても、初期研修の2年間は、大事な大事な2年間です。しっかり悩んで、見学して、自分にとってベストな病院で研修してください。そして、一緒に研修できるのを研修医一同楽しみにしています。