初期研修医の声

(平成29年プログラム) 原田愛子

皆様初めまして。研修医2年目の原田愛子と申します。

このような機会を頂きましたので、自分が考えてきたこと、感じたことなどを書きたいと思います。学生の皆様に何か参考になることがあれば幸いです。

私はたすきがけプログラムで1年目は益田赤十字病院、2年目の現在は大学病院で研修しています。
もともと島根県出身で、3年目に島根に帰るつもりで、最初は漠然と県外の市中病院で研修をしようと考えていました。しかし、病院見学だけで自分の行きたい病院を選ぶことは難しく、学生時代興味があった診療科を2年目に大学で長期間研修したいと思い島根県に残ることにしました。しかし市中病院での研修も経験したかったため、たすきがけプログラムに応募しました。

たすきがけ先の益田赤十字病院を選んだ理由は、病院の規模も大きすぎず自分に合っているかなと思ったことと、なにより研修医の先生がいきいきと仕事をしておられる姿が印象的だったからです。研修が始まると、指導医の先生に相談しながら、主体的に診療に参加でき、やりがいをもって日々過ごしていました。また科の垣根が非常に低く、様々な症例を経験させていただきました。

2年目に大学病院へ変わり、規模の大きさ、専門性の高さなど環境が全く異なることに戸惑う日々ですが、市中病院と違いカンファレンスや学会発表など、大学病院ならではの経験をさせてもらっています。また、常に学生が海外からの留学生がいるので刺激をもらうことも多いです。各科の専門性の高い大学病院は研究も含め、自分のやりたいことをじっくり学べる環境が整っていると思います。

たすきがけは1年で勤務先がかわるので、逆に1年間しかないからと積極的に取り組めた様な気がします。市中病院も大学病院もそれぞれ良いところがあります。
マッチングでは希望通りに行かないこともあるかもしれません。しかし、自分の選んだところであれば、どこでも吸収できることはあると思うので、何事も積極的に取り組むことが大事だと思います。頑張ってください!