初期研修医の声

(2022年プログラム) 福田智信

はじめまして。
初期研修医1年目の福田智信と申します。2022年4月から島根大学医学部附属病院で初期研修を始めました。
研修始めてようやく一ヶ月半ほどで経ちました。少しずつ慣れつつある状態です。わからないことや戸惑うこともありつつも諸先生方のご指導とスタッフの皆さんのご支援の元で勉強させてもらっています。

他の病院と比較して受け持ちさせていただいている患者さんの人数は相対的に少ないかもしれませんが、その分個々の患者さんの疾患や背景をよく考えて取り組む余裕があるように感じています。現在回らせてもらっている神経内科では、来院されてから退院されるまでのそれぞれの段階で大切なことを自分で考え、上級医と相談し指導を受け、他の職種のスタッフさんたちともお話しながら経験を積んでいます。この中でも疾患について教科書やガイドラインに繰り返し当たる時間的余裕があります。

特に研修医になってすぐの段階の今、疾患について以外にも、多様な知識や技法の勉強に再度取り組み直す必要性を感じており、そちらにも振り向けています。学生(student doctor)から研修医へのギャップも病棟業務などで大きく、そういう部分での穴埋めにも使っています。

症例数や手技について、まさに体で覚える、体得するという方向ではそこまで向かないのかもしれません。一つ一つの症例からたくさん学んでいくという方針であれなかなか悪くない。そんな風に感じています。

おそらくこれから医師として生きていく上で、最初の第一歩となる初期研修は重要な機会であろうと思います。これからの進路、果ては生き方にまで大きく影響することでしょう。よくよく考えて選んでみるのが良いと思います。拙い文章でもここまで読んでくださった方、きっと当院に興味がおありのことでしょう、ぜひ当院も選択肢に入れてみてください。

共に切磋琢磨する仲間を皆で心待ちにしております。

(2021年プログラム) 村上航太朗

こんにちは。
初期研修医1年目の村上航太朗と申します。2021年の4月より、島根大学医学部附属病院Shimadaizmプログラムで初期研修を開始しました。まだ研修が始まって数か月と、右も左もわからない状態ではありますが、先生方のご指導の下日々勉強を頑張っています。

初期研修が始まり、感想を一言で表すなら「思っていたよりも暇だけど大変」です。もちろんこれは大学だけなのかもしれませんが・・・。研修が始まる前は救急外来で次々来る患者さんの対応に追われる自分を想像していました。しかし、いざ救急外来をしてみると、とてもそんなことができる程の力は自分にはなく、一人の患者さんに対し色々なことを調べて、指導医にプレゼンしてもう一度考え直す、の繰り返しで、一人終わる頃に指導医は3人の患者さんを見終わっていた、なんてこともよくあります。もちろん初期研修は救急がメインではなく、むしろ各診療科での研修がメインになるわけで、そこで病棟業務もするわけですがこれもまた一日分カルテを書くだけで何時間とかかっていました。しかし、逆に言えばそれだけ時間をかけられる余裕があった、というのも確かで、受け持ちの患者さんも決して多くはありません。「忙しい診療」を望んでいる方は物足りないと感じるかもしれませんが、一口で「診療」と言っても種々の雑用や書類仕事、よくわからないルーティンの雑務等、学生の頃思い浮かべる「診療」とは程遠い仕事がたくさんあります。「忙しい診療」は私にとって望むべき研修ではなく、一つ一つを確実に自分の力にできることこそが初期研修に望むものでした。

「大学病院だとcommon diseaseが見られない」、「大学病院は症例や手技が少ない」といった言説をよく耳にします。それが間違っているとも間違っていないとも言えませんが、common diseaseだからと言って数をこなすことが良いこととは限らないんじゃないかと思ったりしています。初期研修医だとしても、一人一人の患者さんに対しできうる限り真摯に、真剣に、向き合うことが必要なことではないかと思っていて、その上で専門知識が必要になるのであればそれはやはり甘えずに、とことん深く勉強しなければならないことなのだと思います。それに必要なのは症例数ではなく、勉強しやすい環境と学ぶ意思ではないかと思います。

いつか皆様と共に働ける日を楽しみにしております。