令和5年度 医科研修医 募集要項

島根大学医学部附属病院は、「地域医療と先進医療が調和する大学病院」を理念とし、(1)患者さんの視点に立った医療の提供 (2)安全・安心で満足度の高い医療の実践 (3)人間性豊かで優れた医療人の育成と派遣 (4)地域とのネットワークを重視した医療の展開 (5)地域社会に還元できる臨床研修の推進を基本方針として最新の医療設備を整え、また、優秀なスタッフを揃え、診療、臨床教育及び地域医療に当たっています。

本院では、下記により令和5年度医科研修医を募集します。

研修期間

令和5年4月1日より2年間

研修計画

  • 目標を達成するため、島根大学医学部附属病院では、4種類の研修プログラムを用意しています。概略は次のとおりです。表示しているコースは基本コースであり、ローテーション順は異なります。
  • 本院以外の研修については本院及び関連病院等の調整・確認が必要です。

> 研修プログラムはこちらから

応募資格

令和5年3月に医師免許を取得している者又は取得見込みの者で、かつ、マッチングに参加する者

応募手続

応募締切

  1. 第1回目 令和4年 7月 1日(金)必着
  2. 第2回目 令和4年 7月22日(金)必着
  3. 第3回目 令和4年 9月 9日(金)必着

応募書類

次の①~⑥の書類を取り揃えて提出してください。(郵送の場合は「簡易書留・速達」郵便とし、封筒に朱書きで「医科研修医採用申請書類在中」と記載)

  1. 医科研修医採用申請書(別紙1:ダウンロード (Word:50KB)
  2. 希望調査票(別紙2:ダウンロード(Word:20KB)
  3. 履歴書(別紙3:ダウンロード(Word:119KB)
  4. 成績証明書(島根大学医学部卒業予定者は不要)
  5. 受験票・写真票(別紙4:ダウンロード(Word:41)) 写真は上半身、無帽、正面向きとし、縦4cm×横3cmで、3か月以内に撮影したものを貼ること。
  6. 返信用封筒 (受験票送付用) 角2(A4)封筒に郵便番号、住所、氏名を記入し、280円分の切手を貼ること。 朱書きで『特定記録』と記載して下さい。

選考方法

選考は、書類審査、事前課題及び面接試験により行います。

面接試験

  • 第1回目 令和4年 7月15日(金)
  • 第2回目 令和4年 8月 5日(金)
  • 第3回目 令和4年 9月20日(火)

※上記の試験は、マッチングの参考資料とするために行なうものです。

※新型コロナウイルス感染症拡大状況によっては、面接試験をオンラインにより実施します。(詳細は別途通知)

身分及び処遇

身分

医科研修医(常勤職員)(2年間契約)

給与

1年次月額 310,000円
(基本給 年俸2,280,000円、研修医手当 月額120,000円)

2年次月額 341,000円
(基本給 年俸2,652,000円、研修医手当 月額120,000円)

手当

夜間救急診療業務手当、救急勤務医手当、夜勤手当、住居手当、通勤手当、扶養手当

保険

文部科学省共済組合及び雇用保険を適用

勤務時間

基本的な勤務時間は、午前8時30分から午後5時15分まで

休日

土曜日・日曜日及び法令に規定された休日(年末年始を含む。)

休暇

年次休暇:一の年(4月1日から翌年の3月31日まで)に20日間を付与残日数は20日を限度として、翌年に繰り越すことができる。

特別休暇:産前産後、忌引き、リフレッシュ休暇等

病気休暇:(1週間を超える場合には医師の診断書等を提出)

研修医室

健康診断

年2回実施

医師賠償責任保険

病院で加入しているが、個人でも加入する。

外部の研修活動

学会、研究会等への参加、可。
学会、研究会等への参加費用支給、一部有。
BLS、ACLS等救急研修に伴う受講料等 一部支給

その他

臨床研修期間中のアルバイトは禁止とします。

※本院での処遇は上記のとおりですが、協力病院等では当該病院の規定により処遇されます。

書類提出及び問合せ先

〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89-1
島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター
電話 0853-20-2006 FAX 0853-20-2375
E-mail:sotsugo@med.shimane-u.ac.jp