専門医研修プログラム外科

オール島根外科専門研修プログラム(PDF形式:683KB)
(令和3年度募集1次審査通過プログラム) 公開しているプログラムは学会の一次審査を通過したものです。
専門医機構の二次審査後のプログラムは、専攻医登録システム上で確認してください。

特徴

 オール島根外科専門研修プログラムは、島根大学医学部附属病院を基幹施設とし、県内は松江・雲南・出雲・大田・浜田・益田・隠岐の7医療圏、県外は佐世保(長崎県)・大村(長崎県)・静岡(静岡県)の3医療圏にまたがる外科医育成プログラム研修施設で構成されています。連携施設は17施設で、それぞれ病院の特色と地域性を生かした取り組みで、幅広い疾患に対応できる外科専門医の育成を図ります。
 専門研修施設群の3年間のNCD登録数(外科専門医ならびにサブスペシャルティ領域の専門研修に必要な手術)は13,320例で、専門研修指導医50名が在籍していますので、経験豊富な指導医のもと、外科専門医を取得するに十分な症例を経験することができます。
 特に基幹施設である島根大学医学部附属病院は、消化器・総合外科、循環器・呼吸器外科、Acute care surgeryの3講座が密に連携した研修計画が特徴で、約1年の研修で外科専門医取得に必要な症例のほとんどをカバーすることができます。また、本プログラムは、人口の多い地域からいわゆる僻地まで幅広い医療圏を包括していますので、外科領域の専門的な知識・技術の習得は勿論のこと、Generalistとしてのバランス感覚を養うことができるのも大きな特徴です。

募集関係

募集期間 令和3年度の専門研修専攻医募集は終了しました。
募集定員 募集定員 5名
研修期間 3年間

モデルプログラム

プログラム連携施設 (施設名をクリックすると施設のホームページにリンクします。)

県内施設
松江記念病院松江市立病院松江生協病院松江赤十字病院雲南市立病院町立奥出雲病院
出雲市立総合医療センター出雲徳洲会病院島根県立中央病院大田市立病院
国立病院機構浜田医療センター益田赤十字病院益田地域医療センター医師会病院
隠岐広域連合立隠岐病院

県外施設
佐世保市総合医療センター長崎医療センター静岡県立こども病院

専攻医からのメッセージ

消化器・総合外科 / 佐々木 陽平

 はじめまして、僕は島根県松江市出身で、神戸大学を卒業後、島根大学医学部に学士編入を致しました。
 内科医になると思っていた、年齢的・体力的・精神的にも外科に向いていなさそうな僕が外科の道をなぜ選んだかというと、外科のイメージのかっこよさと、田島教授や外科の先輩に誘っていただいたというシンプルな理由で、「オール島根外科専門研修プログラム」を選びました。
 このプログラムでは、まず入局年度は大学にて、それぞれのグループ(上部消化管、下部消化管、肝胆膵、乳腺、小児)で専門性の高いことを学びます。そこで学んだ知識や技術などを、2・3年目に関連病院で活かせるため、外科学を体系的に学ぶ上では理想的なシステムと感じています。また、臨床で疑問に思ったことを研究課題にすることができ、4年目で大学院に進学できるのも魅力的です。
 外科プログラムは決して楽な道ではないですが、やりがいのある成長プロセスです。外科医になることを考えておられる研修医の方々、一緒に汗水涙を流して、共に喜びや幸せの時間を共有できることを楽しみにしています。  

消化器・総合外科 / 松原 加歩

2020年4月より消化器・総合外科に入局した松原加歩と申します。島根県出身で地元での医療を行いたいと思っており、また学生時代から外科に興味があったため、『オール島根外科専門医研修プログラム』を選択しました。本プログラムは島根の様々な関連病院で研修できるため、大学病院ならではの稀な症例からその地域特有の外科症例やcommonな症例など、様々な症例を経験できます。また、外科に興味はあるけどどの分野か決まっていない人でも、このプログラムなら外科専門医に必要な症例を集めながら消化器だけでなく循環器や呼吸器外科なども経験することができるのでお勧めです。現在いろんな手術を経験させていただきながら執刀する機会もあり、日々勉強になっています。女性の方で外科を敬遠されている方もおられるかと思いますが、現在医局で女性の方も増えており、乳腺外科など女性の需要の多い外科もあります。外科に興味がある方、ぜひお待ちしています。  

消化器・総合外科 / 川上 晃樹

本年4 月より消化器・総合外科に入局しました川上晃樹と申します。私は島根大学出身で在学中に消化器外科に興味を抱き、母校の『オール島根外科専門研修プログラム』を選択しました。本プログラムでは、大学病院を基幹病院とし、一般外科の症例のみならず、循環器・呼吸器など外科専門医取得に必要な症例を集めることが可能となっています。大学病院に集まるような高難度でより専門性の高い手術を経験できる一方、関連病院ではコモンな疾患も数多く経験でき、外科医として成長するのにとても恵まれた環境だと思います。指導熱心な先生方に日々アドバイス頂きながら、少しずつ外科医として成長していることを自覚しています。また、私は地域の病院に従事するという義務がありますが、その点に関してもご配慮いただきながら自分のキャリアを決めることができます。少しでも外科を考えている研修医の皆様、来年以降、ぜひ私たちと一緒に働きましょう!  

研修プログラム問い合わせ先

所属 消化器・総合外科
氏名 山本 徹
直通電話 0853-20-2232
FAX  0853-20-2229
E-メール t2t2@med.shimane-u.ac.jp

資料請求・提出先及びその他問合せ先

〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89- 1
島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター 専門研修等部門
電話:0853-20-2714
E-メール s-kouki@med.shimane-u.ac.jp

リンク先