専門医研修プログラム外科

オール島根外科専門研修プログラム(PDF形式:683KB)
(平成31年度募集1次審査通過プログラム) 公開しているプログラムは学会の一次審査を通過したものです。
専門医機構の二次審査後のプログラムは、専攻医登録システム上で確認してください。

特徴

 オール島根外科専門研修プログラムは、島根県唯一の外科専門研修プログラムで、島根大学を基幹施設として、県内では、松江・雲南・出雲・大田・浜田・益田・隠岐の7医療圏、他県では、佐世保・静岡の2つの医療圏で合計15施設が連携施設となり、外科専門医の育成に取り組むものです。これら研修施設群における3年間のNCD登録数は13,125例で、専門研修指導医は44名在籍していますので、十分な症例と指導者のもとで専門医を取得できます。人口の多い地域から、いわゆる僻地にある施設もありますので、専門的な知識のみならず、Generalistとしてのバランスのとれた研修ができることが特徴です。

募集関係

募集期間 1次募集 終了しました。

2次募集
平成30年12月22日(土)12時から平成31年1月21日(月)12時まで
募集定員 2次募集 7名(当初定員10名)
研修期間 3年間

モデルプログラム

プログラム連携施設 (施設名をクリックすると施設のホームページにリンクします。)

県内施設
松江記念病院松江生協病院松江赤十字病院雲南市立病院町立奥出雲病院
出雲市立総合医療センター出雲徳洲会病院島根県立中央病院大田市立病院
国立病院機構浜田医療センター益田赤十字病院益田地域医療センター医師会病院 隠岐広域連合立隠岐病院

県外施設
佐世保市総合医療センター静岡県立こども病院

専攻医からのメッセージ

消化器・総合外科 / 井上 圭亮

外科医を志す研修医のみなさまへ

 今年の春から消化器・総合外科に入局した井上圭亮です。新専門医制度の1期生ということで不安もありましたが、指導医の先生方や先輩方に時に厳しく時に優しく指導していただきながら日々の診療に励んでいます。私は島根県出身であることもあり、『オール島根外科専門研修プログラム』を選択しましたが、住み慣れた環境、学生のころからお世話になっている先生方のもとで研修できる利点は非常に大きいと感じています。外科専門医取得のために必要な経験症例・執刀症例は多いですが、状況に応じて若手にも機会が巡るように配慮していただいています。地域の市中病院でも当科出身の先生方が活躍しておられ、外科医として地域医療に貢献できる機会も多いのではないかと思います。最近は臨床実習で当科を選択してくださる6年生が増えており、5年生も積極的に臨床実習に参加されており嬉しく思います。みなさんと一緒に研修できることを楽しみにしています。

研修プログラム問い合わせ先

所属 消化器・総合外科
氏名 山本 徹
直通電話 0853-20-2232
FAX  0853-20-2229
E-メール t2t2@med.shimane-u.ac.jp

資料請求・提出先及びその他問合せ先

〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89- 1
島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター 専門研修等部門
電話:0853-20-2714
E-メール s-kouki@med.shimane-u.ac.jp

リンク先