専門医研修プログラム眼科

島根大学眼科専門研修プログラム(PDF形式:468KB)
(令和4年度募集1次審査通過プログラム) 公開しているプログラムは学会の一次審査を通過したものです。
専門医機構の二次審査後のプログラムは、専攻医登録システム上で確認してください。

特徴

基幹施設である島根大学医学部附属病院(出雲市)と、松江市の中核病院群である松江赤十字病院の2施設で構成されています。
人口の少ない島根県ではありますが、網膜硝子体手術、緑内障のシャント手術、多焦点眼内レンズをはじめとする先進眼科医療や、眼腫瘍等の稀な疾患も経験できます。
日本眼科学会が定めた研修到達目標や症例経験基準に掲げられた疾患や手術件数を2年間でクリアできます。
研修到達目標に達することができるようにローテーションを調整します。また、専攻医間で格差がつかないような工夫もします。
研修期間中は、地域医療に対応した眼科健診ブログラムに参加し、専門研修施設群での研修と並行して、眼科研修指導医が週1回診察に赴く僻地医療関連病院での診療を行います。

募集関係

募集期間 令和3年12月1日(水)12時~令和3年12月14日(火)12時まで
募集定員 募集定員 3名
研修期間 4年間

モデルプログラム

・基本研修プラン

研修コース例 : 研修期間中には、社会人大学院での学位取得も支援します。

例1)

1年目 島根大学医学部附属病院で研修
2年目 島根大学医学部附属病院で研修
3年目 島根大学医学部附属病院で研修
4年目 島根大学医学部附属病院で研修
5年目 松江赤十字病院での勤務 専門医認定試験受験  ◎認定

例2)

1年目 島根大学医学部附属病院で研修
2年目 島根大学医学部附属病院で研修
3年目 松江赤十字病院での研修
4年目 松江赤十字病院での研修
5年目 島根大学医学部附属病院で研修 専門医認定試験受験  ◎認定

プログラム連携施設 (施設名をクリックすると施設のホームページにリンクします。)

連携施設

県内施設
松江赤十字病院

関連施設

県内施設
大田市立病院出雲市立総合医療センター出雲市民病院益田赤十字病院奥出雲病院加藤病院
六日市病院平成記念病院飯南病院、 松江市国民健康保険来待診療所、 島根県立中央病院雲南市立病院

専攻医からのメッセージ

眼科 / 石田 晃子

こんにちは、眼科医1年目の石田です。4月から本格的な眼科医生活がスタートし、新しい学びと発見がある充実した毎日を送っています。
ところで眼科を目指す先生方、ぜひ島根大学眼科学教室での研修をおすすめします。なぜなら当科では、研究・臨床両面において、若手医師の教育を医局全体で考えて下さり、手厚いサポートがあるからです。
県内・県外から多くの患者さんが集まる当院ではcommonな疾患から、珍しい疾患まで幅広く経験することが可能です。また、白内障・翼状片の執刀は早い段階から行う事ができ、私も入局後3ヶ月目に白内障の手術を執刀医として任せてもらえました。また、院内初診は1年目がファーストタッチで携わり、必ず指導医のフィードバックがあるので、一人で思い悩む必要はありません。
当科は島根大学出身だけでなく他大学出身も多く、いろいろな経験を活かしてベストな医療を目指しています。少しでも眼科に興味があれば、気軽にご連絡下さい。  

研修プログラム問合せ先・応募資料提出先

所属   島根大学医学部 眼科学講座
直通電話 0853-20-2284
FAX  0853-20-2278
教 授: 谷戸正樹 mtanito@med.shimane-u.ac.jp
医局長: 原 克典 hakari55@med.shimane-u.ac.jp
専門研修プログラム担当:
     谷戸正樹 mtanito@med.shimane-u.ac.jp

資料請求先

〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89- 1
島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター 専門研修等部門
電話:0853-20-2714
E-メール s-kouki@med.shimane-u.ac.jp

リンク先