後期研修医科 カリキュラム呼吸器・化学療法内科

教育責任者:呼吸器・化学療法内科教授 礒部威
教育委員長:呼吸器・化学療法内科副診療科長 久良木隆繁

目標・理念

呼吸器・化学療法内科では、呼吸器病学と臨床腫瘍学について診療、教育、研究を行っています。

診療理念

信頼されるオリジナリティーの高いチーム医療体制を確立する

教育

学生・研修医の目線で、優しさと熱意を持って疾患や病態生理のミニマムエッセンスを伝える

研究

トランスレーショナルリサーチ、多施設共同研究の推進

診療科概要

呼吸器疾患全般、胸部腫瘍全般を診療します。

特に力を入れているのは、人材の育成です。当科には出雲市とその周辺からの多くの紹介患者さんが集まるため、バランス良く呼吸器疾患と胸部腫瘍の診療ができる環境にあります。急性期医療から終末期医療までのすべてのフェーズの治療を行う機会が多いことも当科での研修の特徴です。また、後期研修中には学外施設の呼吸器専門診療も担うため、喘息、COPD、市中肺炎、睡眠時無呼吸症候群などのcommon diseaseの診療も数多く経験できます。

「がんプロフェッショナル養成プラン」や「専門医療人材養成プログラム」を活用して、各種の教育セミナーへの参加や、国内最高レベルの施設での専門研修を受けられるよう積極的に取り組んでいます。

日本内科学会認定内科医、総合内科専門医をはじめ、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本臨床腫瘍学会、日本感染症学会などの各専門医受験資格も最短期間で取得できるように指導します。

また、島根大学医学部では、従来の研究者育成コースに加えて高度臨床医育成コースと腫瘍専門医育成コースという2つの臨床系の大学院コースを有しているため、臨床能力を高めつつ学位を取得することが可能です。

後期研修プログラム

呼吸器・化学療法内科は内科系サブスペシャリティーが最も多い診療科です(図1参照)。まず、到達目標を明確にします。 どのような環境・状況にも対応できる総合内科、呼吸器内科、腫瘍内科医が最低限の目標です。具体的には以下の8項目です。

  1. 画像診断と気管支鏡
  2. 感染症学の理解
  3. 救急対応と呼吸管理
  4. 臨床薬理、臨床試験の理解
  5. 分子呼吸器内科学の理解
  6. 腫瘍内科学の理解
  7. 睡眠医学の理解
  8. 禁煙と検診

したがって大学における育成の方針も単純明快です。

1. 実地医療経験は(1)病棟患者主治医(2)専門外来の担当(化学療法外来、COPD、間質性肺炎、睡眠時無呼吸、禁煙外来)(3)外来化学療法室研修(4)がん領域、非がん領域の臨床試験担当主治医、などとして経験します。抗がん薬の臨床試験はWJOG(西日本がん研究構)やNEJSG(北東日本研究機構)などに属して腫瘍内科医の育成を行います。
また、当院は2011年7月から他の病院には無い多機能、臓器別病棟として開設されます。
病棟勤務は国内最高レベルを指向していきます。新病棟には感染症ベッド(4床)、SAS専用ベッド(2床)があり、ICU/HCUと世界初のMCU(mid care unit)病床、腫瘍センター、緩和ケアセンターなどがあります。2年後には呼吸器のフロアも完成します。

2. 指導に関しては(1)毎朝の全体ミーティング(2)呼吸器・化学療法カンファレンス(3)病理カンファレンス(呼吸器画像病理と外科、放射線科、病理合同カンファレンスの二つがあります)(4)SASカンファレンスを中心に細かく指導します。また、週2回のセミナーで順番にテーマを決めて論文紹介、レクチャーを担当し、プレゼンテーション内容について評価します。
指導医(礒部、久良木)による早朝セミナーを毎週月曜日に行い、雑誌や教科書には記載されていない診療のコツを伝授しています。

3. 成果を上げるために、各自テーマを決めて国際学会での発表を目標としてデータをまとめます。もちろん国内の学会は全国学会での発表を目標として準備します。
診療、発表、研究に加えて学生、初期研修医の指導もありますが、上記のことを着々とこなしていくと、3-4年大学にいれば基礎は固まり、上記8項目の目標達成は容易になります。そこで当科では臨床の大学院コースへの入学を勧めています。
大学院生の場合は、上記に加えて毎年一定期間の研究月を設け、その間は病棟完全フリーとなりますので、研究の推進と論文書きに没頭できます。また当科には研究、実験専任の研究員が2名いて、研究指導、推進に多大な力を発揮してくれます。

後期研修プログラム

決まったものはなく、各人の希望を考慮し、県内の呼吸器内科・腫瘍内科の専門施設、あるいは県外の研修施設での研修が可能です。
過去の具体例を提示します。








関連病院

  • 国立病院機構 浜田医療センター
  • 島根県立中央病院

(いずれも呼吸器・化学療法の専門研修可能な施設です)

派遣実績のある病院

  • 県立広島病院(呼吸器・アレルギー内科、救命救急)
  • 東京医科歯科大学(呼吸器内科、救命救急)
  • 国立がんセンターレジデント(中央病院、東病院)
  • 神奈川県立がんセンターレジデント
  • 神奈川県立循環器・呼吸器病センター

医局紹介

講座のホームページをご覧ください。
http://www.csj-sanin.net/shimandai_cancer/

相談や質問など

■電子メールで
礒部:
医局長の久良木(くらき):

■電話で
医局 0853-20-2580(アシスタント坪倉)

写真

回診
カンファレンス風景
 
 
診療科一覧