初期研修医科 カリキュラム総合内科・総合診療科

目標

GIO

“病気を持つ患者を診る”をコンセプトとして、医療人としての必要な基本姿勢・態度を身につけ、 患者が求めるニーズに対応できる診療技術、知識を身につける。

SBOs

Communication skill

  1. 患者さんの状態に応じた病棟入院選択の配慮ができる。
  2. 患者さんの社会的背景を理解・共感し、良好な患者医師関係を構築できる。
  3. 患者さんについての基本的なプレゼンテーションができる。
  4. 他職種の医療スタッフと良好なコミュニケーションがとれチーム医療を実践できる。
  5. 院外の医療関係者と適切なコミュニケーションがとれる。
  6. 医療人として適切な態度、服装、身だしなみができ、時間に遅れない。

Clinical skill

  1. 系統を立てた基本的な病歴聴取ができる。
  2. 系統を立てた基本的な身体診察ができる。
  3. 血液、尿、画像等の基本的検査を正確に解釈できる。
  4. 病歴、身体所見、基本的検査等からProblem listを抽出することができる。
  5. 重要な症状についての鑑別診断ができる。
  6. SOAPのカルテ記載ができる。
  7. 基本的な疾患の治療指示ができる。
  8. 医療保険の仕組みを理解し、正しい保険医療ができる。

Academic skill

  1. 担当症例の臨床的問題点についてEBMに基づいた文献の検索と評価ができる。
  2. 学会や勉強会・研修会で基本的な症例報告の発表ができる。
  3. 臨床医学全般について自己学習の継続方法を身につける。

Teaching skill

  1. 他の研修医や医学生に対しできる範囲で適切な指導ができる。

方略 (総合内科カリキュラム・大田総合医育成センター)

  • 指導医の下、救急外来、一般内科外来、病棟において、患者を初診から継続して受け持ち、
    退院まで診療を行う。
  • 診療方針について、各専門診療科の指導医とカンファレンスを行い、科の垣根のない指導をうける。
  • 毎週月曜日、総合カンファレンスに参加し、担当症例の提示を行う。
  • 院内開催のミニレクチャーに参加する。
  • 指導医の下、当直業務を経験する。
  • 積極的に学会発表を行う。

方略 (総合診療科カリキュラム・島根大学医学部附属病院)

  • 指導医の下、総合診療科外来において初診および再診患者の診療を行う。
  • 診断および治療方針について、現場において適宜指導医と検討を行う。
  • 毎日の振り返りカンファレンスにおいて担当症例の提示を行う。
  • 金曜日総合カンファレンス後の論文抄読会において月に1回発表担当する。
  • 研修最後の総合カンファレンスにおいて研修期間中での1症例を考察を含めて発表する。
  • 研修最終日に研修全体の振り返り(経験症例及びその数など)を行いレポートを提出する。
  • 経験症例をもとに学会発表を行い、医学雑誌に投稿する。
  • 指導医とともに地域の病院での外来総合診療に参加する。
  • 院内開催のミニレクチャーに参加する。

評価

<形成的評価>

  • 毎日の振り返りカンファレンスでの症例提示時にフィードバック及び1分指導を行う。
  • SBOsに対する到達度について、自己評価と指導医による5段階で評価する。
  • 金曜日総合カンファレンスおよび最終週での症例発表で上級医、指導医との質疑応答から知識・技術・態度を評価(スケール法)する。

<総括的評価>

  • 態度については、看護師・検査技師・放射線技師・医局事務員による360度評価(スケール法)を行う。
  • プロフェッシナリズムの評価を行う。
  • 上記の評価に加え経験症例リストおよび症例レポートから総括的な評価としてEPOC評価を行う。
診療科一覧