初期研修医科 カリキュラム呼吸器外科

目標

GIO

医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを意識しつつ研修を行う。 特に日常診療で頻繁に遭遇する呼吸器外科領域での病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的診療能力 (態度・技能・知識)を身に着ける。

SBOs

  1. 呼吸器疾患の診療に必要な胸腔内臓器の解剖を図示し、構造・機能などを述べることができる
  2. 呼吸生理を疾患別に系統立てて説明することができる
  3. 疾患の病態を評価し専門医的治療の必要性を理解する
  4. 呼吸器外科的治療法とその適応について理解し実施する
  5. 呼吸器外科救急疾患に対する基本的な診断と処置を学ぶ

方略

  • 外来診療の方法の習得
    1. 週1回初診外来に参加し、診察見学と病歴聴取を実施する。
    2. 救急外来にて救急疾患に対する診断、処置を見学する。
  • 入院患者の管理
    1. 指導医とともに入院患者の問診、自覚的・他覚的症状、理学所見のとり方を習得する。
    2. 指導医の下に検査(おもに気管支鏡検査)に携わり、検査法の理解を深める。
    3. 呼吸循環生理を学び、生理的な手術適応、特に肺切除限界について理解する。
    4. 周術期管理を実際の患者を通して理解し、的確な指示が出せるように備える。
    5. 胸腔ドレーンの挿入、抜管、ドレーン管理の実際を体験する。
  • 手術への参加
    1. 実際に胸腔内臓器を目視することにより各臓器の位置関係を正確に理解し、画像診断に対する理解を深める。 すなわち二次元画像を見てその3次元像を頭の中で構築できる訓練を積む。
    2. 指導医の下に外科一般の基本手術手技を習得する。
    3. 病理医による標本の切り出しに参加し、術前の画像診断との整合性を確認する。
  • カンファレンス、抄読会への参加
    1. 術前症例カンファレンスで、症例の提示と検討を行い、画像所見、手術 適応、全身評価等につき理解を深める。
    2. 週1回の教授回診時には心臓血管外科医とともに循環器外科領域の知識を吸収する。
    3. 週に1回、抄読会に参加し文献紹介を積極的に行う。
    4. 月に1回、呼吸器カンファレンスに参加し、内科医、放射線科医、 放射線治療科医とともに主として手術症例に対する画像・病理所見につき理解を深める。

評価

形成的評価

  • SBOsに対する到達度について、自己評価と指導医による5段階で評価する。
  • 指導医がケースプレゼンテーションにおけるプレゼンスキルを評価する。
  • 指導医が外来研修におけるコミュニケーションスキルを評価する。
  • 指導責任者が研修中に面接評価する。

総括的評価

  • 指導医および看護師等による態度・技能を評価する。
  • 指導医が研修終了時にチェックリストを用いて評価する。
  • 指導責任者が研修終了時に口頭試問をする。
  • EPOC入力を活用して評価する。
診療科一覧