初期研修医科 カリキュラム高度外傷センター

目標

GIO

病院前診療を含む外傷初期診療ならびに急性腹症の初期診療、ダメージコントロール手術、根本的手術、外科的集中治療までを幅広く経験し、初期蘇生ならびにチームダイナミクスを理解する。また、チーム医療の一員として、医師としての基本的な態度・知識・技能を身に付けることを目的とする。

SBOs

  1. ウォークイン患者を担当し、外傷処置も含めた基本的な外来患者身体診察法を習得する。
  2. 救急車搬送の患者を担当し、チーム医療のマネージメントを習得する。
  3. 外傷患者および救急患者を担当し、早期にショックを認知できる。
  4. ダメージコントロール戦略を理解する。
  5. 診察所見に基づき、血液検査、画像検査の必要性が説明できる。
  6. 救急外来で施行する、超音波検査(胸部、腹部、体表など)手技を身につける。
  7. 手術に必要な局所解剖や術式を理解する。
  8. 上級医の指導の下、低難度手術を執刀医として行う。
  9. 上級医が執刀する中・高難度手術の助手として参加する。
  10. ベッドサイドでの処置(腹腔穿刺、胸腔穿刺、ミニトラック挿入、中心静脈カテーテル挿入など)ができる。
  11. 専門診療科への適切なプレゼンテーションができる。
  12. 外傷初期診療(JATEC)を習得し、外傷手術戦略(SSTT)を理解する。
  13. ドクターカーおよび防災ヘリでの病院前診療を指導医と共に安全かつ適切に実施できる。
  14. 患者、患者家族、看護師、放射線技師、救急隊員との適切なコミュニケーションを積極的に図ることができる。

方略

  • 火曜日の朝7:30〜の多職種カンファレンスに参加し、入院患者の治療方針ならびに問題点を理解して、多職種での患者に対して、多角的にアプローチする。
  • 火曜日を除く、朝8:30~、夕17:30〜の申し送りに参加し、治療方針を確認する。
  • 外傷初期診療をリーダーとして担当し、重症外傷患者の場合には、メンバーとして診療に携わる。
  • 上級医とともに、防災ヘリ搬送やドクターカー搬送を担う。
  • 初療を担当した患者が入院となった場合は入院主治医となり、上級医とともに退転院まで診察を行う。
  • BLS、ACLS、JPTEC、JATEC、SSTT座学等のoff the job trainingに積極的に参加する。
  • 学会発表ならびに紙上発表を行う。

評価

形成的評価

  • SBOsに対する到達度について自己評価と指導医による評価を行う。
  • 指導医がケースプレゼンテーションについて形成的に評価する。
  • 指導医が外来研修におけるコミュニケーションスキルを評価する。

総括的評価

  • 指導医が研修終了時にチェックリストを用いて評価する。
  • 指導医だけでなく看護師等により態度・技能などを評価する。
  • 指導責任者が研修終了時に口頭試問する。
  • EPOCによる評価を行う。
診療科一覧